妊娠中の出来事

初めての妊娠生活記録 妊娠後期(34週)の症状と検診内容を公開!!

妊娠中の出来事
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。たひろ妻です。

妊娠も34週目となり先週からついに産休に入りました!!

私が勤めている会社は8週間前から産休を取得できるのですが、手当(お金)がもらえるのは6週間前からだったので私は6週間前から産休取得+有給を数日使うことにしました。

産休に入る前の2週間くらいはかなりバタバタしましたが、なんとか仕事を片づけて引き継ぎも無事に完了して最終日を迎えました...

現在、産休に入って一週間くらい経ちましたが、最初の数日は何故かスイッチが切れて屍のような状態になっていました笑 (今もほぼ屍ですが...笑)

本日は妊娠34週目の症状や病院での検診内容について書いていきたいとおもいますのでこれから34週目を迎える方は是非参考にしてください!!

1. 妊娠34週目の症状について

私の妊娠34週目の症状は主にこんな感じです。

  1. お腹が張る頻度が増えた。
  2. 動くと疲れやすい(気がする)。
  3. トイレに行く回数が増えた
  4. 食後に喉が鳴る

1.1. お腹が張る頻度が増えた。

これは妊娠32週目を過ぎたくらいから特に感じるのですがお腹が頻繁に張るようになりました。
屍のように寝転んだ状態から起き上がる時や立ったまま家事をしている時、沢山歩いた時などにお腹が張ることが増えたと思います。

妊娠32週目の検診でお医者さんに聞いてみたところ子宮が少し軟らかくなっていてお腹が張りやすくなっているのでお腹が張った時は何もしないで横になってくださいと言われました。お腹が張ったときに無理をすると早産に繋がる可能性もあるそうです。
また、今回の妊娠34週目の検診から担当医が変わったのですが、赤ちゃんの頭が少し下の方にあるので張りやすくなっているのかもしれないと言われました。

特に薬を飲んだり絶対安静にしたりするほどではないと言われたのでそこまで心配はしていませんがお腹が張った時は屍のように休むように気を付けるようにしています。

1.2. 動くと疲れやすい(気がする)。

最近は外にでたり長く動いたりすると疲れやすい気がします。
お腹が結構大きくなってきているので当たり前のことかな~とも思いますが、駅の階段が結構きつかたったりします。最寄の駅の家側の出口が階段しかないので地獄です。。。

これはコロナ禍で長期間テレワークをしていたことからの運動不足の影響もあると思います。多少は疲れても適度な運動はしないといけないなと思っています。私は無痛分娩を予定していますが、それでも出産はかなり体力を使うと出産の諸先輩方から聞くので体力はつけておかないとですね。

1.3. トイレに行く回数が増えた

私はもともと頻尿な傾向なのですが、妊娠してからというものさらに頻尿になり、ここ最近はさらにさらに頻尿になりました笑トイレを済ましてから10分後にまたトイレに行きたくなるなんてことが普通にあります。

あとはお腹の中の赤ちゃんの胎動で膀胱が押されてる~~~っていうのが分かるようになりました。膀胱を押されるとトイレに行きたくなってしまいます。

夜も寝室に行く前にトイレ、眠くなってから寝る前にもう一回トイレ、朝起きて一番にトイレ、それから30分以内にトイレ、、、、みたいな感じでめっちゃトイレ行ってます。トイレの無限ループです。

夜中に何回か目が覚めることが多いのですがその時もトイレに行きたくなります。だけど、夜中に立ち上がると寝れなくなってしまうのでその時はトイレに行きたいのを我慢して無理やり寝てます。笑 

妊娠の影響なのか喉がめちゃめちゃ渇いて水分を沢山とっているのでそれでさらに頻尿が加速しているのかもしれません笑

1.4. 食後に喉が鳴る。

これは上手く説明できないのですが食後に喉が鳴るようになりました。
げっぷとはまた違ってこれが何なのかは正直分からないのですが胃がお腹の中の赤ちゃんに圧迫されている影響なのかな~と勝手に思っています。

私はもともとげっぷはほとんどしなかったのですが、妊娠中はげっぷが増えると聞いたことがあるので、げっぷのかわりに喉が鳴っているのかなとも思ったりします。ここ何週間かはさらにひどくなり食後に喉がぐぅー!!!ぐぴぐぴ!!!鳴るので不思議な感じですが生活に支障はないので特に気にしてません笑

2. 妊娠34週目の検診の内容について

先日行ってきた妊娠34週目の検診の内容についてご紹介します。

2.1. 検診のペースについて

検診のペースは前回から変わらず2週間に1回のペースです。次回の36週の検診が終わったら1週間おきに検診することになるようです。

2.2. 検診の内容

検診の内容としてはこれまでの検診から特に変わりはなく内診と2Dエコーを行いました。

2Dエコーでは赤ちゃんの成長や異常をみるために体のサイズを測定するのですが、我が子はいつも頭が大きめで足が短めなので少し心配に思っています。そのことについてお医者さんからは特に何も言われないので私も何も聞いたりしないのですがいつも検診が終わってから大丈夫なのかなと不安になってしまいます。気にしても仕方ないのですが。。。次回は今度こそ聞いてみようかな苦笑

私は無痛分娩を希望している為、今回の検診から違うお医者さんに変わりました。
新しいお医者さんからは胎動があるか?とお腹が張るか?の2点を確認されました。
どちらもあったのでありますと答えたところ、上にも書きましたが赤ちゃんの頭が少し下に下がっているのでお腹が張りやすいのかもと言われました。今のところ早産の傾向もないとのことでした。

いつものお医者さんと違ってエコーが高速だったので正直今回はあまり赤ちゃんの様子が分かりませんでした。特に問題はないとのことだったのでとりあえずよかったです。

3. 妊娠34週目を迎えて

あっという間に出産まで一か月に迫ってきたな~という感じです。
正直、まだ全然実感が沸いてなくて友達たちは本当に楽しみにしてくれているのですが、私は自分の事じゃないような気持ちがしています。

前回記事で少し書いた4Dエコーなのですが私が通院している病院でついに再開されました。早速予約して妊娠33週のときに行ってきたのですが4Dエコーをするには赤ちゃんが大きくなりすぎていて顔全体が映りませんでした。残念。

けどコロナ禍で4Dエコーが中止されていて4Dエコーで顔を見るのに適したタイミング(25~30週くらいが良いらしい。)でできなかったことと実際顔全体が映らなかったことで料金を無料にしてもらえました。これはラッキーです。

私的には初めての4Dエコーだったので、「すごい鮮明に見えるな~~~」という感じだったので十分満足だったのですが、確かに顔半分はぺちゃっとくっついてしまってて見えなかったり、顔が全体的に壁に面していて潰れてしまったりという感じだったので、4Dエコー考えられてる方は、30週より前がオススメです 🙂

33週ともなると顔の特徴がはっきりすると技師の方は言われてました。
化粧でごまかせない男の子なので余計私的には夫に似てほしかったのですが今回の4Dエコーでは私に似ている感じがしたので「ごめん!」という感じでした笑

まぁでも、無事に産まれてくれさえしたらそれだけで十分です。
あと1ヵ月頑張って成長してね~~!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました