資産運用

夫婦の資産運用 SBI証券で国内株式を”現物買”する方法

資産運用
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

1.Intro

こんにちは。たひろ夫です。

みなさん資産運用はしていますか?私たちは夫婦は将来の豊な老後を見据えて昨年9月から株式投資を始めもうすぐ1年が経とうとしています。基本は私が勉強して調べて運用して毎朝妻に増えたー!!とか減ったー↓↓とかを報告するという謎の夫婦ルーティンができあがっています。まだまだ投資歴は浅いですが投資はびびらずやったほうが良い派(もちろんリスクはあるので自己責任です。)なのでこれから始める、始めたい方のために投資のやり方なんかを少しずつ解説していこうと思います。

今回はSBI証券での国内株式の”現物買”の注文方法についてです。ではどうぞ!!

2. 国内株式の”現物買”の注文方法@SBI証券

①注文株数や価格等の注文内容を入力します。

②取引パスワードを入力し”注文確認画面へ”をクリックします。”注文確認画面を省略”にチェックを入れているとそのまま注文されてしまうので注意です。(よっぽど急いでいない限りはチェック入れないようにしましょう。)

③注文内容をよく確認して画面下の”注文発注”をクリックします。

3. 国内株式の”現物買”の用語解説@SBI証券

3.1. ①市場

注文する取引所を選択します。

  • 東証:東京証券取引所で取引を行います。
  • PTS:PTS(私設取引システム)を使って取引を行います。時間外取引を行うこともできます。

<SOR指定>
SOR指定をチェックすると東証とPTSで最も有利な取引となる取引所を自動で選択してくれます。

3.2. ②株数

買いたい株数を入力します。国内株は基本的に100株からの注文となりますが、SBIネオモバイル証券であれば1株からの注文ができるようです。

◆SBIネオモバイル証券
 ・国内株式を1株から取引可能。
 ・Tポイントで投資が可能。

3.3. ③価格

  • 指値:指定した価格以下のときに買います。
  • 成行:注文したときの時価で買います。(株を今すぐに欲しいときはこれを選択します。)
  • 逆指値:指定した価格以上のときに買います。

<注文の条件>

  • 寄指(指値):寄付(前場、後場の最初に成立した取引)にのみ指値注文されます。
  • 引指(指値、逆指値/指値):引け(前場、後場の最後に成立した取引)にのみ指値注文されます。
  • 不成(指値、逆指値/指値):寄付から引けまで指値注文され、引けの時点で未約定の場合は引けで成行注文されます。
  • IOC指(指値):指値で即時に一部または全て約定させ、成立しなかった注文分については注文が取り消されます。
  • 寄成(成行):寄付(前場、後場の最初に成立した取引)にのみ成行注文されます。
  • 引成(成行、逆指値/成行):引け(前場、後場の最後に成立した取引)にのみ指値注文されます。
  • IOC成(成行):成行で即時に一部または全て約定させ、成立しなかった注文分については注文が取り消されます。

3.4. ④期間

注文を継続する期間を入力します。ここで設定した期間内に注文成立(約定)しない場合、注文は自動的に取り消されます。

  • 当日中:注文日まで注文が継続します。
  • 今週中:注文日の週まで注文が継続します。
  • 期間指定:指定した期日まで注文が継続されます。

3.5. ⑤預り区分

取得した株式を預ける口座を選択します。

  • 一般預り:一般口座での株式預かりとなります。
  • 特定預り:特定口座での株式預かりとなります。

基本的には損益計算や確定申告が不要である特定預かりを選択します。(一般預りのメリットは特にないと思います。)

4. 国内株式の”現物買”のまとめ@SBI証券

今回はSBI証券での国内株式の現物買についてやり方と用語の解説を行いました。すこし専門的な感じの言葉もでてきてましたが全て覚えなくてもいいですしやっていけば必要なものは覚えていきますので頭の隅に置いておく感じでいいと思います。資産運用が興味がある方は証券会社に口座を開設してまずは始めてみてはいかがでしょうか!!(くれぐれも自己責任です笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました